[Late Game Carry]TOP GangPlank[6.13]

(まだ評価されていません)
Loading...
スポンサードリンク

目次▼

  1. はじめに
  2. 長所と短所
  3. ルーン
  4. マスタリー
  5. サモナースペル
  6. スキル
  7. アイテムビルド
  8. プレイガイド

■はじめに

GPは代表的なレートゲームキャリー(ゲーム終盤に強い)チャンピオンです。

数々のナーフを受けている彼ですが、未だにビルドを揃えたら爆発します。

操作も比較的カンタンで、試合に与える影響力が大きいので、事故さえ起きなければ安定して勝利していけるでしょう。


スポンサードリンク
共有する

■長所と短所

長所

  • 試合後半における、E→QによるAOEダメージ
  • パッシブスキルによりゴールドが溜まりやすい
  • ULTによりMAP全体にプレッシャーをかけることができる
  • ミニオン処理能力が高い
  • WによるCC解除・回復があるため、レーン戦・集団戦で立ち回りやすい
  • パッシブスキル、ビルドにより足が速い

短所

  • 柔らかい
  • 序盤はどのスキルもクールダウンが長くて隙が生まれやすい
  • ブリンクが無い
  • 他レーンへのTPをする際、飛ぶ位置を間違えると即死する
  • Eが当てれないとダメージが出せない

■ルーン

 

赤 攻撃力

黄 HP perLv ここは対面がADファイターの場合は物理防御推奨

青 クールダウン6個(5%) 魔法防御perLV 3つ

紫 攻撃力

クールダウン5%をいれているのは正直好みの部分もあります。

序盤のスキルの回転をあげると少し楽なので入れています。

 

■マスタリー

0/12/18

真ん中のちょろまかしは、敵にQを当てると10ゴールド手に入るのでとっています。

試合中盤くらいまでレーン戦でしつこく当てていると300ゴールドくらい手に入ってたりします。

右の一番下は、Qで発動させてダメージを稼ぐためにとっています。

なぜ雷帝の号令じゃないかというと、あまり3回攻撃を当てる場面が無いからです。

■サモナースペル

TPは使うタイミングと場所を気をつけましょう。

GP自体、全く固く無いのでミスるとすぐにデスします。

 

■スキルオーダー

Q  1  4 5  7  9
W 3  14  15 17 18
E 2  8 10 12 13
R  6  11 16

R>Q>E>W

シルバーサーペント

乱れ打ち>死の女神>士気上昇

  

□スキル解説

  
スキル 解説
P

背水の銃剣
(Trial by Fire)

タワー破壊や低レベルの殴り合いで活躍する。

Passive: 一定時間毎のAAに追加TrueDMと自身へのMS増加効果(30%, 2s)が付与される。このTrueDMは2.5秒かけて与えられる。

自身が火薬樽(E)を破壊した場合はCDが即座に解消され、MS増加のみを得る。

追加TrueDM: 20 + (Lv × 10) + [増加AD × 100%]

CD: 15s

Q

偽りの発砲
(Parrrley)

 主にEの起爆、ハラス、CSに使用する。

GPのメインスキル。

Active: 指定対象の敵ユニットに物理DMを与える。このスキルで敵ユニットを倒すと追加Goldを得る。このスキルはOn-Hit Effectsの影響を受け、Criticalも有効。自身はこのスキルの効果で得た追加Goldと同量のシルバーサーペントを得る。シルバーサーペントは500貯めるとShopにて一斉砲撃(R)を強化できる。背水の銃剣(P)の効果は付与されない。

物理DM: 20/45/70/95/120 + [AD × 100%]

追加Gold: 2/3/4/5/6

Cost: 40MN CD: 5s Range: 625

W

壊血病治癒
(Remove Scurvy)

 回復&CC解除スキル

クレンズと違い、サプレッションも解除できることを忘れないように。

消費マナが多い&クールダウンが長いので不用意に使うことは厳禁。

Active: 自身に掛かっている全ての行動妨害系CCを除去し、HPを回復する。

回復HP: 50/75/100/125/150 (+0.9AP) + [減少HP × 15%]

Cost: 60/70/80/90/100MN CD: 22/20/18/16/14s

E

火薬樽
(Powder Keg)

GPのメインスキル、集団戦ではこれがメイン火力となる。

樽の耐久値の減る感覚を身につけておくと安定して相手に当てることができる。

クリティカル+シーンで相手のキャリーを一瞬で瀕死に追い込める最強のスキル

Passive: スタックが一定時間ごとに増加する(最大3)。スタック増加時間はCDRの効果を受ける。

スタック増加時間: 18/16/14/12/10s

Active: 0.25秒詠唱後に、指定した地点に60秒間持続する樽を設置する。この樽は3ポイントの耐久力を持ち、自身のLvが1/7/13以上のとき2/1/0.5sの時間経過または自身か敵Championの攻撃により耐久力が1ずつ減少する(時間経過では1未満にならない)。自身の攻撃により破壊された場合、樽は爆発し周囲の敵ユニットのARを40%無視しながら物理DMとSlow(2s)を与える。DMは樽破壊時に与えた物理DMと同量であり、対象が敵Championの場合は追加物理DMを付与する。また、樽が爆発した際に範囲内の樽も連鎖して爆発する(複数Hitはしない)。 偽りの発砲(Q)でも攻撃可能。

追加物理DM: 60/90/120/150/180

Slow: 40/50/60/70/80%

Cost: 1スタック CD: 無し Range: 1000

R

一斉砲撃
(Cannon Barrage)

MAP全体にプレッシャーを与えられるスキル

味方のガンクに合わせたり、他レーンの窮地を救ったりできるため、MAPをよく見て使えるとかなり強力。

Active: MAP内の指定した範囲に合計12発の砲撃を行い、8秒間その範囲内にいる敵ユニットに継続的に魔法DMとSlow(30%, 0.5s)を与える。また、その範囲の視界を得る。

魔法DM(1Hit毎): 50/70/90 (+0.1AP) 効果範囲: 600

Cost: 100MN CD: 160/150/140s Range: 無限

シルバーサーペント: シルバーサーペントをShopにて消費することでこのスキルを強化することができる。

死の女神: 中央に、より強力な、砲撃1発分の魔法DMの300%のTrueDMとSlow(60%, 1.5s)の砲撃を行う。

TrueDM: 150/210/270 (+0.3AP)

乱れ打ち: 6発の砲撃を追加で行う。

士気上昇: 範囲内の味方はMS増加(30%)を得る。この効果は範囲を出てから2秒間持続する。


■アイテムビルド

             

 

トリニティの素材は、シーン→ファージ→スティンガー

ステラック・マルモティウスは対面や育っている相手に合わせて積みましょう。シルバーサッシュでもOKです。

靴は、序盤にクールダウンが欲しいためクールダウン靴にしていますが、大丈夫な場合は羽靴やマーキュリーに変えてください。

シルバーサーペントでのアップグレードは、乱れ打ち死の女神士気上昇

 

スタートアイテム コアアイテム(ラッシュアイテム) シチュエーショナルアイテム
     

ステラック・マルモティウスのどちらかと交換

■プレイガイド

対面により立ち回りが変わります。ですが、大事なことが一つあります。それは、序盤からQでファームし続けないことです。

ナサスのようにCSを取るたびにQを使うとすぐにマナがなくなります。また、相手にプレッシャーをかけれないのでジワジワときつくなってきます。

なるべくチャンピオンにQを使い、マスタリーのちょろまかしでお金を稼いだり、不死者で追加ダメージを狙ってプレッシャーをかけましょう。

 

対タンク

序盤は殴り合いにも勝てます。ガンガンハラスしてプレッシャーをかけましょう。

マスタリーのちょろまかしや、不死者の効果を発動させることでアドバンテージを稼ぐことができます。

ファーストリコール、Lv8~辺りになるとQのダメージも通らなくなり相手のスキルダメージも痛くなってきます。ここが一番警戒すべき時間です。

あまり通常攻撃やスキルの射程に入らないようにQやEを使いゴールドを稼ぎましょう。

また、ULTをBOTやMIDでの少数戦が起きた時に上手く使ってアシストやキルを稼ぐことも大事です。ですが、TPをする際には気をつけてください。

例えば、BOTで少数戦が起きた時に奥のブッシュのワードにTPをすると、タイミングが悪ければ時間も稼げずに死にます。それくらいGPは脆いです。

TPをする際は他のチャンピオンより慎重にしましょう。

 

対ファイター

序盤・中盤、上手くやり過ごすことが必要です。特に序盤にキルを取られてしまうと厳しい展開になりやすいので気をつけてください。

Lv1、Lv2の相手のダメージが少ない時間帯に出来るだけQでダメージを与えてプレッシャーをかけます。

敵のダメージスキルが揃うと、CSを取りに行くために前へ出る→死亡もありえるので多少のCSは諦めましょう。

E→Qで、押さず押させずの状況を維持し、ガンクが来たらULTで合わせたり、他レーンへULTを降らしてアシスト&キルを稼ぐ事が大事です。

トリニティ、IEが揃ったらE→Qを積極的に狙っていきましょう。相手が武器ばかり積んでいる場合はかなりのダメージが通るので多少は戦えるようになります。

 

終盤以降は、対面に関係無く暴れましょう。

TPがあるときは左右のレーンでスプリットプッシュをします。この際に、ブルートリンケットで安全を確保するのを忘れないようにしましょう。

ビルドに大量のAD+ASがあるので、パッシブも相まってかなりのスピードでタワーが折れるのでチャンスが来たら積極的にタワーを折りましょう。

タワーシージをする際には、樽でガンガンポークしていきます。IE、トリニティ、エッセンスと揃っていると、キャリーにEが当たる→ULTを降らすことでタワーダイブが出来ます。最低でもフラッシュが落とせるため積極的に狙います。

集団戦の立ち位置は、GPは柔らかいので引き気味の位置でE→Qの奇襲を狙う必要があります。

なるべく死なないように走り回り、味方のCCなどに合わせてE→Qで大ダメージを狙いましょう。

ULTの使い方は、相手のタンクやアサシンとADCを分断させる、味方ADCをピールする、イニシエート、止めなどから状況に合わせて使用します。

 

カウンターチャンプ

リベン、ヘカリム、イレリア、ダリウス、パンテオン、ジャックスなどのファイター

特にリベン・パンテオン、ジャックスはQのダメージを無効化できるためかなり厳しいです。

マルファイト

序盤は楽ですが、中盤からはULTからのオールインで溶けます。

その他バーストチャンプ

 

 

 

▲目次に戻る
スポンサードリンク

このビルドガイドを評価してください!

(まだ評価されていません)
Loading...

共有する

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です